関ケ原の戦いで西軍はなぜ敗れたのか?あらゆる説の歴史を公開!!

関ケ原の戦いで石田三成は徳川家康に野戦を行いなぜ敗れてしまったのでしょうか。

関ケ原の戦いとは

日本の歴史を振り返ると様々な出来事が起こっています。

それらの出来事の中に関ケ原の戦いがあり、多くの人々が知っていることでしょう。

この関ケ原の戦いとは、1600年に現在の岐阜県で起こった戦いで、豊臣秀吉が死去した後の権力をめぐって石田三成が率いる85000人の兵士がいる西軍と、徳川家康が率いる88000人の兵士がいる東軍が争った戦いになります。

戦いの当初は、西軍が石田三成などの頑張りがあって有利に進んでいましたが、西軍の中で有力人物の裏切りが起きてしまったり、主力部隊がこの戦いに参加しなかったなどの理由から、徐々に不利な状況になっていきます。

結果、東軍のほうが勢いを増していき西軍は破れてしまいます。

しかも、この関ケ原の戦いは、戦いが始まってからたったの1日で東軍に軍配が上がりました。

では、なぜこのような関ケ原の戦いが起きてしまったのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

その理由は、やはり豊臣秀吉の死去と言えます。

豊臣秀吉が死去した後、本来であれば秀吉の子どもである豊臣秀頼が後を継ぐはずですが、秀頼がまだ幼いこともあって石田三成を中心としたグループと徳川家康を中心としたグループが政治を進めていきます。

この2つのグループの中でも一番力を持っていたのが徳川家康で、自分が天下を取ろうと行動を始めていきます。

その行動とは、秀吉の親戚で戦いを得意としていた人物たちを確保したり、力がある武将を確保するなど、家康の味方をどんどんと増やしていきました。

この行動に危機感を感じた石田三成は、家康を倒さなければならないという思いを抱いて戦いを決意し、戦いに向けて行動を始めて行きます。

これが関ケ原の戦いです。

関ケ原の戦いでは石田三成が率いる西軍が負けてしまい、石田三成は責任を問われて処刑されてしまいました。

しかも、石田三成だけではなく、西軍にいた大名の多くが処刑されてしまいます。

一方、見事勝利した徳川家康には大きな敵がいなくなって、1603年から江戸幕府を開き、関ケ原の戦いによって見事な成績を残した武将たちは、西軍の武将が持っていた領地を分け与えられました。

これだけの大きな出来事は、現在で多くの人々が学んでいます。

石田三成率いる西軍はなぜ関ケ原で敗れたのか?

はるか昔の1600年、石田三成が率いる西軍と徳川家康が率いる東軍が戦いを始めました。

この戦いを私たちは関ケ原の戦いと学んでいて、日本の歴史に刻まれています。

この関ケ原の戦いでは、戦いが始まってからわずか1日で徳川家康が率いる東軍が見事に勝利を収めました。

つまり、西軍は簡単に敗れてしまったわけですが、なぜ、石田三成率いる西軍はなぜ関ケ原で敗れたのか?と疑問に思う人もいることでしょう。

これにはきちんと原因があります。

まず、西軍にいた小早川秀秋という人物が西軍を裏切ったという理由があります。

実は、この小早川秀秋は東軍に内通していた人物だったため、西軍を簡単に裏切ることができましたし、小早川秀秋が西軍を裏切ったことによって、何と4000名もの武将たちも西軍を裏切ってしまいました。

このことから、東軍が有利に進んでいったことになります。

次に石田三成と徳川家康は、徳川家康のほうが人気や実力が高い状態にあったという原因があります。

関ケ原の戦いが始まった時期、徳川家康は関東地方のほとんどを領地としていましたが、石田三成が領地としていたのは滋賀県の一部だけでした。

このことから、2人が動かす事のできた兵力には大きな差ができてしまったことになります。

それだけでなく、石田三成は戦いよりも政治のほうが得意な人でしたから、戦いで活躍した武将とは相性がよくなったということもあります。

最後の原因に石田三成が率いる西軍には85000名もの兵力がありましたが、およそ3分の1の兵力は毛利家が率いていました。

ところが毛利家の1人が徳川家康率いる東軍に内通していたため、西軍として戦いに参加することができませんでした。

ということは、西軍の兵力は85000名と紹介しましたが、実際は小早川秀秋の裏切りや毛利家の不参加を含めると、西軍の兵力は東軍の半分ほどであったと言えます。

つまり、関ケ原の戦いははじめから石田三成率いる西軍が敗れることになっていたといっても過言ではないでしょう。

上田合戦とは

日本の歴史に刻まれている出来事は数多くありますが、その1つに上田合戦があります。

この上田合戦は第一次上田合戦と第二次上田合戦があり、第二次上田合戦は1600年、石田三成率いる西軍と徳川家康率いる東軍が戦った関ケ原の戦いになります。

この第二次上田合戦で見事勝利を収めたのは徳川家康率いる東軍でした。

では、第一次上田合戦とはどのような戦いだったのかというと、沼田領をめぐって1585年の8月に起きた真田昌幸と徳川軍による戦いで、千曲川支流の神川一帯で行われた事から神川合戦とも呼ばれています。

真田氏と徳川氏は沼田領をめぐって対立を深めたことから、真田昌幸が徳川氏から離反したところ、徳川家康はかなり怒って真田討伐を決意します。

鳥居元忠や大久保忠世、そして平岩親吉を大将として7000人もの軍を派遣して上田城に迫っていきます。

真田昌幸の危険を感じた上杉景勝が援軍の派遣を指示しましたが、8月末に現在の長野県に到着した兵士はほんの少数だったということ、そして軍の動員対象にはならない15歳以下の男の子や60歳以上の高齢者も含まれているなど、かなりの兵力の差があります。

ということは、勝つためには細かな計画や対策が必要になります。

ここまで見ると真田氏が不利であると予想できますが、実は最後は真田氏が勝利をおさめます。

ではなぜ、真田氏が勝利をおさめることができたかというと、やはり徳川氏は真田氏を完全になめていたということが言えるでしょう。

実際に徳川氏が天守もなき小城と上田城を馬鹿にしていた記録が残っているため、そう判断できます。

ところが真田氏は神川を渡ろうとした徳川氏に対して最初の攻撃をしたり、大手門から二の丸門を一気に突破した徳川氏に対して一斉射撃をくわえる、さらに城下町にひそませていた伏兵が戦いを仕掛けて徳川氏を混乱させてから、真田氏が背後から仕掛けるなど、見事な戦いぶりを見せることができました。

真田氏の計画や対策が見事、成功をおさめることができたという戦いが第一次上田合戦になります。

関ヶ原の戦いの論功行賞はどうなった?

歴史上の出来事でも有名なものに1600年に起きた関ヶ原の戦いがあります。

この関ヶ原の戦いでは、石田三成が率いる西軍と徳川家康が率いる東軍が争って、東軍が勝利をおさめました。

ここまでは多くの人々の記憶に残っていることであり学校でも学んだ事ですが、関ヶ原の戦いの後の出来事について知っている人は少ないかもしれません。

見事勝利をおさめた徳川家康は、石田三成の城を陥落させた後、三成を処刑します。

もちろん石田三成率いる西軍に味方をした大名や武将は処刑や減封をされて勢力を落とされました。

さらに家康は功績の大きさを調べて、その大きさにふさわしい賞を与える論功行賞を行います。

しかもそれは激しいもので、西軍の諸大名の預入地が含まれている太閤の蔵入地を減封してから豊臣家が持つ財政基盤を大きく減らしていきます。

これによって徳川家は250万石の筆頭家老から400万石もの天下の中心者となりました。

さて、徳川家康はこの関ヶ原の戦いで敗れた西軍の味方をした武将の領土を没収しましたが、領土を没収された代表的な武将として宇喜多秀家が57万石、石田三成19万石、そして増田長盛20万石、長宗我部盛親22万石などが挙げられます。

この他にも数多くの武将が領土を没収されましたが、これらの没収があったからこそ、関ヶ原の戦いで活躍して素晴らしい成績を残した東軍の武将に論功行賞を与えることができました。

この論功行賞によって徳川家と譜代大名の財政基盤がかなり強くなったため、徳川家に逆らうことが予想される外様大名は遠方に配置されてしまいます。

これによって、豊臣家に対する徳川家の発言はとても強いものになったため、豊臣秀頼と徳川家康の非常に危険な従来関係が完全に逆転する日、つまり豊臣家が滅びる日が少しずつ迫ってきていたことになります。