中国大返しの謎を解くあらゆる説の歴史を公開!!

秀吉による中国大返しの謎に当時の書状などを元に迫ってみます。

本能寺の変の時の情勢

本能寺の変の直前までの状況をまとめてみると、織田家筆頭家老である柴田勝家は北陸の上杉景勝と戦っていましたが、本能寺の変を知ると自分の居城である北ノ庄城に戻っています。

柴田勝家は上杉景勝に備えて北ノ庄城を離れることが出来ませんでした。

関東平定を言われていた滝川一益は、配下に収めていた北条氏政などが反旗を翻して攻めてきて、苦境に陥っていました。

滝川一益は、北条軍に敗れて散々な目にあっています。

四国攻めを考えていた丹羽長秀や織田信孝は本能寺の変の後に兵の一部が逃げ出してしまったとも言われています。

その中で、秀吉だけがなぜ中国大返しを可能にして、明智光秀を討つことが出来たのでしょうか?その謎に迫ってみます。

毛利家は何故、秀吉を追撃しなかったのか?

毛利攻めをしていた時に、秀吉の兵力は2万と言われています。

それに対して、毛利家は4万もの大軍(援軍)を有していたとされています。

もちろん、備中高松城の援軍としての軍勢です。

備中高松城は水攻めをしていたのですが、本能寺の変の情報を知った日に、羽柴秀吉は備中高松城城主である清水宗治を切腹させています。

それで、備中高松城に蹴りを着けて中国大返しをするわけですが、この時の秀吉の軍勢は2万です。

毛利軍は4万もいるのに絶対に有利と言われている追撃戦を行っていません。

これは何故なのでしょうか?最近の研究によると、「毛利側は、兵糧や武器弾薬に困っていた」という話が出てきています。

これは、毛利家の武将が毛利輝元に送った書状により分かってきました。

つまり、毛利家は追撃を行わなかったのではなく、追撃出来なかったという説です。

実際に当時の書状が出ているので信憑性は高いでしょう。

毛利家は4万の軍勢がいながらも追撃戦を行う事が出来ませんでした。

秀吉は瀬戸内海を支配する沖家(村上水軍)と繋がっていて補給を絶っていたようです。

これにより羽柴秀吉は毛利軍が大軍でありながら身動きが取れない状態にしていたのです。

従来の説は追撃しなかったですが、最近では毛利軍は兵站に困って追撃できなかった説も有力になっています。

移動スピードが速すぎる

秀吉の中国大返しは、備中高松城から姫路城まで110キロを一昼夜で行ったとされています。

従来の説だと6月6日に出発したとされていますが、実際には6月4日か5日に出発したとされています。

つまり、毛利方の書状や新しく見つかった文献などにより、どうやら秀吉は毛利家に追撃能力のない事を知っていて、信長の死を知って備中高松城主である清水宗治を切腹させたらすぐに、中国大返しのために移動したようです。

さらに、羽柴秀吉は、一般の兵には多大な恩賞を与えることを約束したとされています。

恩賞を釣り上げることで部下のやる気を出したわけです。

つまり、従来よりも早く出発していた可能性が高いと言えます。

秀吉の情報操作術

近畿地方に入ると明智光秀の息が掛かった武将が数多くいたはずです。

ここで、秀吉は情報操作をしています。

中川清秀に送った書状が残っていて、それによると柴田勝家が空け津光秀を討つために、こちらに向かっているとか、織田信長が生きていると書状を送っているのです。

これにより、近畿地方の武将たちは明智光秀側につくことが出来ませんでした。

他にも、洲本城を治めている管という勢力を攻めるように言っています。

管という勢力は四国地方の雄である長曾我部元親とも繋がっていました。

長曾我部家との重要な拠点勢力でもある管の城を制圧したことで、地理的にも有利に勧めました。

本能寺の変の時に、織田信長の遺体が見つかっていない事も有利に進んだのではないかと思います。

秀吉は偽情報も巧みに使って、自分の勢力を増やして明智側の勢力をそぐことが出来たのです。

これにより中国大返しに出発した時は2万だったのに、明智光秀との決戦である山崎の戦いでは4万の勢力になっていたとされています。

本能寺の変後の明智光秀の行動

ライバルである明智光秀の行動を見て見ましょう。

本能寺の変で信長を倒すと明智光秀は安土城と秀吉の居城である長浜城を占拠しています。

さらに、天皇の家臣と会うなど、朝廷工作を行っています。

自分の正当性をアピールしています。

この時に、本来であれば大阪付近にいる織田信孝を討つとか秀吉に備えるとかすればよかったのかも知れません。

しかし、それを放棄して安土城を占拠しています。

他にも、朝廷工作など切れ者の光秀には思えない行動を取っているのです。

つまり、織田信長を殺したことでうしろめたさから変な行動を取ってしまったのかも知れません。

味方を増やすための行動などが調停工作だったわけですが、裏目に出ていますね。

これらの中国大返しを有利に進めました。

つまり、秀吉が凄いだけではなく、明智光秀もしくじりをしている事がわかります。

これらの秀吉の中国大返しを有利に進める原因になっているのです。

秀吉が信長の後継者になれた理由

秀吉は中国大返しをするわけですが、この時に、秀吉の選択としては、単独で信長の敵を討つのか、それとも織田信孝の軍勢と合流して信長を討つかです。

しかし、下手に合流してしまうと、織田信孝が総大将になってしまい秀吉の功が減ってしまう可能性もあったわけです。

ここで選択を間違えると、秀吉は信長の後継者になる事が出来ません。

最初に秀吉は、明智光秀の軍勢と単独で戦っています。

ここでは、小競り合い程度でしたけど、明智光秀の軍勢は引き上げています。

明智光秀にとってみれば戦略的撤退だったわけです。

最終決戦の山崎の戦いでは、大阪から織田信孝も駆けつけています。

ただし、羽柴秀吉の下で戦っています。

つまり、織田信孝を配下にして戦った事で、秀吉は天下取りに有利に進めるわけです。

さらに、山崎の戦いの後に秀吉は明智軍の残党狩りをしていたわけですが、ここで信長の次男である織田信雄が秀吉に合流したいと言う書状を送ってきています。

さらに、その指示を確認していました。

秀吉は、織田信長の敵を討ち、さらに、信長の息子たちを指示したりすることで、後継者を決定づけていったわけです。

本能寺の変の首謀者は秀吉なのか?

一番利益を得たものが、一番疑われると言うのが世の常です。

本能寺の変で信長が死んだことで一番の利益を得たのは秀吉です。

これは、秀吉に聞かないと分からないかも知れませんが、調べてみると、秀吉はすぐに行動できるようにしていたように思います。

もちろん、黒田官兵衛や石田三成、仙谷秀久、羽柴秀長などの補佐もあった事でしょう。

しかし、情報収集能力が極端に優れていたのでしょう。

ちなみに、秀吉は事前に明智光秀が何かをやらかしそうだと知っていた可能性があります。

明智光秀は元々秀吉の援軍として中国地方に出陣する予定でした。

この時に、光秀は秀吉に使者を送っていますし、その使者と秀吉が会ったことは間違いないでしょう。

ここで光秀の使者は誰なのかもわかりませんが、秀吉に何らかの情報を吹き込んでいた可能性もあります。

それにより、秀吉は万が一に備えて準備万全にしておいた可能性も高いでしょう。

まだまた、中国大返しには謎がありそうですが、現時点での当時の書状などによるリアルな状況はこうなっています。